<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

漆 urushi  酒器 Japanese lacquer

c0053351_2051304.jpg木地:ヒノキの枝
漆:塗りうるし、すり漆(外側)
サイズ:12cm(h)xФ8

大木から生えるヒノキの枝をそのまま使い器にした作品。
重量、安定感ともずしりと重く、安心して飲めます。
[PR]
by pitchounet | 2011-09-30 20:57 | 家具  器 Mobilier

漆 urushi  酒器 Japanese lacquer

c0053351_21133282.jpg木地:朴の木
漆:ベンガラで着色。
サイズ:2cm(h)x7x4

非対称の酒器です。
木曽地方では、朴の木は、大きな葉は、器のように使います。
軽く、繊細に持って飲んでみたいです。
ちょっとした肴を盛るのもいいかも。。。
[PR]
by pitchounet | 2011-09-30 06:03 | 家具  器 Mobilier

漆 urushi  注器 Japanese lacquer

c0053351_17411316.jpg酒を注ぐために作った器です。
生地:栗の木
漆:外側に松煙墨、内側は黒の塗りうるし。
サイズ:8cm(h)14x6

ノミを大胆に使い勢いを出しました。
内側は光沢で酒を入れるとゆらゆらと光ります。
冷たく冷えた冷酒なんかおすすめです。
木の厚みもあるのでガラスなどより温まりにくいでしょう。

c0053351_17412770.jpg
[PR]
by pitchounet | 2011-09-29 17:49 | 家具  器 Mobilier

漆 urushi  器 Japanese lacquer

c0053351_18281585.jpg木地:山桜(木曽)
漆:すき漆
ヘギ
サイズ:14cm(h)x6x4


時間が経てば透明感が更に出てくるでしょう。
色の変化が楽しめるのも漆の良さです。
山桜は密度が高く、比重もあり重たく硬いです。
どんな酒が似合うでしょうか?
[PR]
by pitchounet | 2011-09-28 18:32

漆 urushi  酒器 Japanese lacquer

c0053351_2041061.jpg木地:ヒノキ(木曽、上松)
漆:松煙墨にて黒漆
ヘギ
サイズ:12cm(h)x6x4

c0053351_2042479.jpg
表面はナタで割って、
ヘギ仕上げとしました。
ヒノキの自然な繊維の動きが、手にフィットします。
非対称。
木のもつ勢いも造形要素です。
内側は、ノミにて卵形にくり抜き、外側より若干光沢をつけています。
黒は、松煙墨を漆に混ぜて、墨の黒に仕上げています。

枝をえぐりそこに酒を注ぐような素朴な酒器です。
[PR]
by pitchounet | 2011-09-27 20:17 | 家具  器 Mobilier

酒器 漆 グループ展 SHIKKI de SHUKI 2011  えんぱーく

c0053351_8102871.jpg今日までやってます。
長根県、塩尻、えんぱーくです。
お気軽にお越しください。
[PR]
by pitchounet | 2011-09-25 08:11 | 展覧会 exposition

Zephyr Friends in Harmony Vol.6 古楽コンサート

c0053351_20571986.jpg友人の長谷川さんの参加している古楽コンサートです。
今年で10周年。
楽しみです。
[PR]
by pitchounet | 2011-09-24 20:59 | 展覧会 exposition

酒器 漆 グループ展 SHIKKI de SHUKI 2011

c0053351_20262380.jpg会場のお客様と記念撮影!!!!
[PR]
by pitchounet | 2011-09-24 20:27 | 家具  器 Mobilier

酒器 漆 グループ展 SHIKKI de SHUKI 2011 搬入

c0053351_19502889.jpg搬入して展示しました。
出来立ての漆たち。
一枚板の上に一列にならべて、1枚の絵のように見せたいのです。
明日、オープン。

SHIKKI de SHUKI 2011
塩尻えんパーク3階にて
c0053351_20454488.jpg
[PR]
by pitchounet | 2011-09-22 19:53 | 家具  器 Mobilier

スピードに生きる  本田宗一郎

c0053351_18255067.jpg1961年の著書。本田宗一郎
この本は、幻の著書の今から50年も前の本の復刻。
わかりやすく面白い。
実感ある迫力ある文体で痛快。
二輪を作ろうと思った幼い頃の体験。
それは、車のガソリンの臭い。
本は嫌い。
経営はもとより人生、技術と芸術。
デザインにまで及ぶ。
分かったおっさんだったのだなー。。

個性の入らない技術は価値の低いものである。
本当の幸福は、生きている時間をいかに有効に使うかによって
これが、幸福の意味にもなるし、、、


最近は、車とかバイクとか家電みたいになって来ちゃったね。
臭いから創造力をかりたてられたんだな。理屈じゃなくて。。
[PR]
by pitchounet | 2011-09-20 18:39 | super cub