カテゴリ:家具  器 Mobilier( 29 )

酒器 漆 グループ展 SHIKKI de SHUKI 2011 搬入

c0053351_19502889.jpg搬入して展示しました。
出来立ての漆たち。
一枚板の上に一列にならべて、1枚の絵のように見せたいのです。
明日、オープン。

SHIKKI de SHUKI 2011
塩尻えんパーク3階にて
c0053351_20454488.jpg
[PR]
by pitchounet | 2011-09-22 19:53 | 家具  器 Mobilier

酒器 漆 グループ展 SHIKKI de SHUKI 2011

c0053351_16151385.jpg5年ほど前に木曽の山を歩き、山でこれは。と思う木を探し、何年か寝かせ、木曽の漆で仕上げた酒器をつくりました。
山桜、ヒノキ、コウヤマキ、朴の木、にすり漆やすき漆、松煙墨を漆に混ぜて、墨色の漆黒の世界などなど、素材や採れた場所を大切にした素朴な手彫りの器です。
台風明け。晴天。たぶん。散歩がてらにお気軽にお越しください。
c0053351_1614599.jpgc0053351_1636465.jpg

[PR]
by pitchounet | 2011-09-20 16:28 | 家具  器 Mobilier

漆 器

c0053351_21361366.jpg中心の2つのつや消しの黒い器は、下の松煙を漆に練りこんで煙、炭の色に仕上げてます。右下はベンガラ。
もうすぐグループ展です。
c0053351_21362548.jpg
c0053351_21363441.jpg
[PR]
by pitchounet | 2011-09-10 21:40 | 家具  器 Mobilier

うつわ  (Copper、 brass)

c0053351_22355595.jpg うつわですが、棒でたたくときれいな音がします。
楽器にもなります。
素材からくる音色のちがいもいとおかし、、、、、、
この素材は、何千年も風化しないのでしょうか?
そう考えると、強い素材ですね。
[PR]
by pitchounet | 2011-05-09 22:42 | 家具  器 Mobilier

うつわ 真鍮 鍛造

c0053351_1805632.jpg1.2mmの真鍮で器を作る。木型は山桜の堅い木を使い。木槌で鍛造します。
仕上げはブラッシング。
ちょうどぐい飲みサイズです。
4,5回焼きなましでできますね。
[PR]
by pitchounet | 2011-05-08 18:04 | 家具  器 Mobilier

うつわ 漆  (木曽くらしの工芸館にて)

c0053351_18353482.jpg木曽くらしの工芸館にて漆作業への打ち合わせ。
酒をテーマに注器と酒器(ぐい飲み)などを作っています。

手で削りながら、形を追う。直感的に漆作業をする。図面では表現できないものが今回も、本質。
重さ、質感、持ちやすさなどは検証しながら進めるため。
木片は、それぞれに固有の癖みたいなものがあり、生き物である。うるしもそもそも樹液。
どこの木かどこの漆か?特定の場所も大切である。ものじゃなくてことなのだ。
木は、鉄やアルミ、陶などとは、完全に違い、繊維や方向、細胞、湿気、霊的なものを感じる。
生物を扱うように扱う。それゆえ、その木片を前にして対話の中から形を決めていく。
過程こそが何より重要。
これから漆作業。

これらの作業タイトルを「森の中へ」としよう。
[PR]
by pitchounet | 2011-05-07 18:41 | 家具  器 Mobilier

木のうつわ

c0053351_1302325.jpg木の繊維にそったかたちに仕上げました。
うつわ全体に適度なカーブがあり、意外と手になじみます。
肌触りもほどよい木の繊維のテクチャーがあります。
このようなデザインは、ペーパーやコンセプトから生まれません、
手で作って発見することも大切ですね。
材質:檜(高さ:14cm,幅:6x4cm)
[PR]
by pitchounet | 2011-05-01 13:04 | 家具  器 Mobilier

小さな器

c0053351_21262646.jpg9x5x2cmの木の小さな器。
手の中に入る
船のような木の葉のような、
こんな感じは好きです。
[PR]
by pitchounet | 2011-04-18 21:25 | 家具  器 Mobilier

コウヤマキの器

c0053351_1632062.jpgコウヤマキの器です。これで酒を注ぎます。中心は深くなっていて、酒が入ります。
コウヤマキは木曽5木の一つ。湯船は檜で有名ですが、この木で作られた湯船は、最高に珍重されるとか。。。
なるほどノミで削ると独特の香りがします。
木片は、それぞれに固有の癖みたいなものがあり、生き物です。
鉄やアルミ、陶などとは、完全に違い、繊維や方向、細胞、湿気、霊的なものを感じます。
生きてますね、それゆえ、その木片を前にして対話の中から形を決めていくのです。
木片は、生の魚に近い。木をおろす。木をさばくとでも言ったほうがぴったりです。
[PR]
by pitchounet | 2011-04-18 16:44 | 家具  器 Mobilier

栗の木を彫る 器

c0053351_13295014.jpgノミで栗の木を彫っています。
彫刻する気分で。器を作ります。
基本的に中をくりぬき、外を彫ります。
逆だと大変ことになります。
やってみればわかります。
栗の木は基本的に線路の枕木とか土台とかに使われる固い木なのですが、山桜ほど固くないですね。昨晩研いだノミが経過に走ります。
ノミの跡を残して荒々しい感じですが、このあたりでやめときましょう。
要は、造形バランスです。
あー。雨が降ってきて、風が吹いてきて、焦ってたら案の定、余計なこと考えたら、手も切っちゃいました。雑念を捨てて集中です。
c0053351_1330254.jpgこの器は酒を注ぐ、注器です。
[PR]
by pitchounet | 2011-04-16 13:45 | 家具  器 Mobilier