檜の器 高さ10cmの小作品  (木曽郡上松町の檜)

c0053351_2340242.jpgヒノキを彫る。
もう製材してから5年は立っているのですが、ノミで割ると香りが立ち上がります。
ナタでブロックを割って中をノミでくりぬきます。
割ったラインが自然でいい感じです。日本の美意識でしょうか。
図面からは作れない形。もともと図面の線は、樹木の中にはないですから、無理ない形ですね。
割れた線が自然で、手になじみます。
長野県上松町の若い檜。ここは、ヒノキの産地。日本の森林浴発祥の地でもあります。
[PR]
by pitchounet | 2011-04-10 10:36 | 家具  器 Mobilier
<< 釣りの本 リールの本  木の器 >>