カテゴリ:デザイン design( 8 )

SuperCub HONDA デザインの考察:なぜトーハツはホンダに負けたのだろうか

c0053351_20251086.jpgところで
昭和、なぜ日本一のトーハツがホンダに負けたのだろうか?
かつて、トーハツは2輪では1位でホンダは後発だった。

結論(私なりに)
1、ジャンル開拓:トーハツは実用車、ホンダはスポースバイクという新しいジャンルを切り開いた。実用、日常じゃなくて、夢、この場合スポーツという幻想を開拓。
2、姿勢:トーハツには老舗的な真面目さがあったが、、、(商品見るとそう感じる。)冒険的なバイクをつくらなかった。性能=実用。つまりまじめな社風。老舗ゆえの技術オリエンテッド。
3、販売:ルート販売のトーハツ、二輪車メーカーとして後発のホンダがとった機略は自転車流通で売った。そしてDM,当時としては画期的な拡販手段を用いた.売り方も新鮮ということ。
今でも自転車屋にはHONDAのロゴ。
4、脱エンジン重心設計、扱いやすさ:原動機付自転車の制度と空前の原付ブームの中特筆すべきは「カブ」あろう。
1952年(昭和27年)から本田技研工業が生産した「F型」が「カブ」と名付けられて市販が開始され、大ヒット。
さらになぜか?
 自転車搭載型原動機のほとんどはオートバイのイメージから脱却できず、ほとんどがフレームの部分とかハンドルのすぐ前とか、つまり自転車の中心線上に取り付けるタイプであった。しかし「カブF」キットはそれらとは大きく違って、エンジン搭載位置は後輪側面(今日の自転車で言えばスティックスタンドの位置)、その後の駆動系統も全て後輪回りで完結する構造で、乗り手にも自転車取り付け工事を行う業者にも扱いやすかった。
『そば屋が片手で運転できる乗り物、バイクでもなくスクターでもない。』それを作った。
バイクの既成概念からの脱却。

東京発動機トーハツは1964年(昭和39年)に倒産、会社更生法の適用を受けることとなった。
一方ホンダは,本田宗一郎の夢のウイングマークのようにジェット機を売っている。

デザイン、販売方法、設計、それぞれが複合的に作用し明暗を分けたのだが、
夢をウイングマークで伝えた志は大きかったと思う。
私の実家の近くにトーハツの本社、工場があったせいか幼少期からトーハツとホンダが気になる。

c0053351_2025304.jpgmy CUB110

最後のアッセンブリーjapan cub
今はすべて中国逆輸入。
c0053351_20255390.jpg銅版画 エッチング+透明水彩着彩 紙:水彩紙
[PR]
by pitchounet | 2013-01-27 20:37 | デザイン design

KINETIC ARCTURA SEIKO

c0053351_20564940.jpg
メカニカルなデザインがしたいな。。
これは、8年前くらいにデザインしたarctura.
時計にのセンターに時分がないのだ
ダイアルは渋いゴールド。
mashine age。
[PR]
by pitchounet | 2012-03-15 20:59 | デザイン design

Mickey watch Disney 1990

c0053351_14591544.jpg
Mickey watch Disney
キャンディーのようなボディーを持つMicky watch
ガラスも分厚くkawaii.
ガラスの裏にうっすらとミッキーフェース。
ケース、バンドともにメタルのミラー仕上げにした。
文字盤にミッキー。定番のデザインだが、
それじゃ面白くない。...
このようなデザインを試みてみた。
リューズは12時位置(バンドのほう)にある。
キャラクターウォッチの中では、レア。
[PR]
by pitchounet | 2012-03-10 15:05 | デザイン design

TAKEO KIKUCHI 1990 watch

c0053351_14145848.jpg
TAKEO KIKUCHIの腕時計。
確か90年代にデザインした。
菊池武夫さんのイメージが明快だったので、デザインはスムーズに出来たなー。
あの頃は、Londonでストリートテーストのジャンキーなデザインが流行っていて、
菊池武夫さんが妙に気に入っていたなー。
そんなわけで、わかりやすい明快なデザインを希望していた。
分厚の!!!とか。。ジャンキーな感じとか。。。
それではということで、
この文字盤が動くアナログデジタルウォッチにデザインをまとめた記憶がある。
針がない。文字盤が動く。
今みると70年代のテーストにも見えるね。

センターの赤が秒。
一番外側、黒が分。
青が時間。
読みにくていいでしょ。hahahahaaa...
[PR]
by pitchounet | 2012-03-10 14:21 | デザイン design

種ハイブリッド発電 (発電の種)

c0053351_2195768.jpg
ソーラーパネルなどは普及してもいずれパネル平面で空き地を覆い尽くし、地球は、ろくでもない環境ができるでしょう。それならば、例えば朝顔の種(発電の種)を地面に撒き、合理的に受光する構造は自然(植物)に任せて、その構造を利用して、発電装置を開発するアイディアでも研究したほうがいいのではないか?と思うのですが、つまり発電の種をつくる。植物のイメージのようなカタチが発電装置が望ましい。自然に溶け込むし。春頃、トマトの苗を植えるように発電の木の苗を植えるわけです。今年は8本植えようか?
とか言って。。。
[PR]
by pitchounet | 2011-07-16 21:22 | デザイン design

出西織 多々納昌子さん作  民芸

c0053351_1731552.jpg本物っていうのはこういうものかもしれない。綿花から育てて糸を紡ぎ、藍をして、丁寧に織る。島根県簸川郡の多々納昌子さんの美しい作品です。晶子さんは、もともも陶芸をやられてた。民芸の美を感じますね。プロセスの丁寧さも伝わってきます。
触っても見ても美しい作品です。作家性や時代にも流されない。自然と調和した美術、技術でもありますね。
c0053351_17314258.jpg
うつわノートの松本さんより頂きました。
ありがとうございます。

ものをつくることの魅力が、あふれてますね。
[PR]
by pitchounet | 2011-01-10 17:47 | デザイン design

石鹸 natural soap 東ティモール

c0053351_20524518.jpg東ティモールの石鹸です。お土産にいただきました。素朴なデザインが、新鮮ですね。まるごとnatural soap。

ところで、本題は、世界では、水が無いのです。
毎日4000人の子どもが死んでいく現実。
一方、日本では、毎日、大量の食品が捨てられていきます。
ジャンボ機10着が、子どもを乗せて毎日墜落してるのです。
ニュースでは報道されません。
水に困らない日本では実感沸かないのですね。
この現実をどう受け止めて、何が出来るか????
千のトイレプロジェクト

飢餓では1人/6秒は死んでいる。
[PR]
by pitchounet | 2010-06-22 21:03 | デザイン design

caterham super 7 (デザイン)

c0053351_11561556.jpgcaterham super 7に乗せて頂いた。東京の住宅街を爆音とともにサーキット気分。というか、ジェットコースター気分。
電気自動車でまったく無音で走り出す昨今。それらの車とは別物。エンジンならではの爆音加速の世界があった。座席は、路面すれすれの楽しい体験。誰にも気づかれずに走り出す電気自動車が、病的に感じた。
走るために走る車。移動するために作られた車じゃない。車の開発に忘れられてしまった楽しい要素がここにはある。
[PR]
by pitchounet | 2010-05-05 12:05 | デザイン design