YAMAMARUTO ハンドルカバー supercub

c0053351_1238155.jpg寒いというか手が寒さで、麻痺するのでハンドルカバーを取り付けた。
どうしても気になるのが側面にあるYAMAMARUTOのロゴのデザイン。
左手グリップの方のYAMAMARUTOが右から左に読むようになっている。
というか進行方法から見てだんだんと広がっていくスピード感を優先させたのだろと解釈する。
Rの書体がだけが対象性がないので困ったのだろうけど。。。
もっとも書体に対象性がない。
ケチッて左手側の印刷の版を起こさなかったのだな〜。。と推測される。
スピード感とコストを優先させた今どき珍しいB級感覚のデザインで好きです。
まあ。こういうのもアリだ。
いい加減さがホッとする。

c0053351_12382248.jpg右手側ロゴは、正常なレイアウト。

実際に付けると右手側にブレーキの空間の余裕が欲しいところですが、
カブは、左ハンドルにはレバーがないので、
左右対称に造形を持っていくのも確かに迷うところですね。
動くものは、自然界においても対象性を好むので、
このように機能を考えると左右対処の問題が出てくるので、
デザインにおいて、このへんは、悩みどころなのです。
デザイナーをやってるとわかる気がします。
ボリューム、造形、スピード感、コストを優先させたのです。

これが拡大していくと全てが覆われて柔らかい未来の自動車になる。


これで極寒の信州を快走できる。。。便利なもの。カブ乗りにはおすすめ。
[PR]
by pitchounet | 2011-12-28 12:53 | super cub
<< face  hand   顔 ... Super Cub 110 t... >>