daiwa coronet GS-7C

c0053351_2051379.jpg今から30年前のリールです。
見てください。
この豊かな装飾。
単に機能、コスト第一じゃない豊かなデザインですね。
アルミ削りだしの凹のところに色入れしてあります。
ハンドルも木製。プラじゃない。チヌ釣り、磯の小物釣りのために開発された小型のカワイイリールですが、
作り込みの良さは、好感が持てます。
c0053351_20511449.jpgメンテナンスのための分解もネジはなく、
ローレットを切ったアルミの部品を回すと外れます。
手の中で愛着のもてる道具の一つですね。
1981年,当時4200円だったそうです。
愛着のもてるインダストリアルデザインがなくなったとつくづく思います。
メンテナンス、手入れしたり、機械を味わう道具は、どこへ行っちゃったんでしょうか?machine age.手で味わう道具ですね。
[PR]
by pitchounet | 2011-01-10 21:12 | 釣り、Pêcher
<< 雪の結晶  出西織 多々納昌子さん作  民芸 >>