doropping によるドローイング (水彩)

c0053351_11394417.jpgc0053351_11395339.jpg
絵の具、紙、水、材質の特性を生かして絵を描いてみる。
実は、一見偶然的、偶発的なものだが、構図、色の選択は意図的。色の配置の構想を練る。
色をあらかじめ溶き用意しスポイトで垂らす。計画的側面もある。
もっともやってるときは、のめりこんでいるが。
水彩ならではの透明感、にじみなど質感表現の体感訓練にもなる。
子供たちとやったら画の苦手なひとでも色の楽しさを体感できるであろう。
[PR]
by pitchounet | 2008-11-01 11:48 | 油、水彩,ドローイング drawing
<< 遠くに雪山 大町からの北アルプ... 森 (水彩 ドローイング 動画) >>